LOGO 株式会社ケイ・エス・オー

動物試験

(株) ホクドーなど、動物試験実施施設と連携して試験を受託しています。



有効性を学術的に証明して、販促につなげたい

動物試験

消費者の拡大には、有効性の証明が最も直接的で効果的です。

動物試験から得られたデータに基づき、国内・外の論文投稿や学会発表等もトータルでお引き受けします。

貴社のご予算に応じ、ローコストで動物試験を行うプランをご提供いたします。

摂取量を適性に設定し、安全性を証明したい


動物試験

消費者が求める機能性食品には、有効性と共に安全性が不可欠です。

天然物質には実に様々な成分が含まれており、その摂取量の適正な設定は安全性に直結する重要な課題です。

(株)ケイ・エス・オーでは、多方面にわたる試験により、的確なアドバイスをいたします。



In vitroおよび動物試験実績
試験名 実施件数
ラットを使用した
育毛効果確認試験
1件
ウサギによる
コレステロール吸収抑制試験
2件
KK-Ayマウスによる
血糖値降下試験
6件
疲労回復試験(ストレス・運動負荷) 1件
単回投与毒性試験 22件
28日反復投与毒性試験 12件
90日反復投与毒性試験 18件
変異原性(エームス)試験 15件
小核試験 3件
染色体異常試験 1件

新製品の開発に


新製品の開発には、最も有効で安全な素材配合比や濃度・摂取量の検討が必要です。

また、販売には効果的な戦略・パッケージデザイン・パンフレットが不可欠です。

(株)ケイ・エス・オーでは、開発から販売プランまでトータルでサポートいたします。


動物試験を短期間・低コストで、とお考えの貴社に


(株)ケイ・エス・オーでは、貴社のご予算に応じて動物試験を行うプランをご提供します。


《化粧品・特定保健用食品(トクホ)の効果・安全性試験の受託》
  -クライアントニーズにあわせたティラーメイド試験-


主にモデル動物を用いて、効果・安全性の評価試験を受託しています。主な実施可能試験は以下の通りです。


  • 先天性糖尿病モデルマウスを用いた血糖上昇抑制作用(KK-Ay、C57BL/db/db)
  • 先天性高血圧ラットを用いた血圧上昇抑制作用(SHR)
  • BALB/cマウスを用いたアトピーモデルに対する予防・治療効果
  • C3Hマウスを用いた育毛評価試験
  • 先天性老化促進マウスを用いた皮膚の老化抑制作用(SAM-P10、P8)
  • 安全性試験 単回、反復毒性試験、眼粘膜刺激性、皮膚一次・連続刺激性試験、皮膚感作性試験等


その他、動物試験全般のご相談に応じます。

お問い合わせ先


株式会社ケイ・エス・オー 営業部

【電話】
Tel. 03-3452-7733   Fax. 03-3452-7833

【E-mail】

shiken@kso.co.jp E-mail
ヒト試験・ホームページの内容に関するご質問・お問い合わせはメールでお気軽に。

▲PAGE TOP