LOGO 株式会社ケイ・エス・オー

抗糖化効果確認試験

「糖化ストレス」は皮膚老化に関与する大きな因子であるなど、アンチエイジングの重要な指標として、酸化ストレスと並び注目を集めています。

弊社がご提案いたします抗糖化効果確認試験では、AGEs関連項目などの特殊検査に特化した検査機関との連携により糖化ストレスマーカーを評価します。
また非侵襲で計測できる研究用測定ツール『AGEリーダー』を使用した皮膚AGEs沈着量測定から、皮膚・皮下の血管壁に蓄積されるAGEsを検出することが可能です。


糖化
糖化とは、糖とタンパク質が結合することによりタンパク質の機能が低下してしまうことです。 肌のタンパク質では、真皮に多く存在するコラーゲンやエラスチンなどがよく知られていますが、コラーゲンが糖化すると、肌の弾力低下やたるみ、くすみなど皮膚老化の原因になると言われています。

タンパク質と糖との間の非酵素的糖化反応 (メイラード反応)の後期段階で構造体の総称であるAGEs(蛋白糖化最終生成物)を生成します。
AGEsは加齢に伴い様々な生体組織に蓄積します。糖尿病や動脈硬化などの加齢関連疾患でその蓄積が有意に増加することからも、糖尿病合併症などの様々な疾患や老化を加速させる原因と考えられています。

ケイ・エス・オーは糖化ストレス研究会の会員です。



AGEリーダー1
皮膚・皮下の血管壁に蓄積されるAGEsを非侵襲で計測

AGEリーダー2


主な糖化ストレスマーカー及びその他測定項目



カルボキシメチルリジン(CML)皮膚蓄積性AGEsの代表です。生体中で形成されるAGEsの中で最も多く存在することが報告されています。
糖化修飾された蛋白質リシン残基(Lys)がスーパーオキサイドやヒドロキシラジカルにより酸化されることにより生じる糖酸化生成物です。
 
ペントシジン構造が同定されている数少ないAGEsの一つで、タンパク質の架橋形成に関与する物質であることが知られています。
ヒト硬膜や皮膚コラーゲンでは加齢に伴うペントシジン蓄積の進行が確認されており、その組織中のペントシジン量と老化との関連が示唆されています。
 
3-デオキシグルコソン(3DG)糖化反応中間体(中間生成物)ともよばれている、糖化反応経路におけるAGEsの前駆物質の一つです。
分子内のカルボニル基とよばれる部分は反応性が高いため、様々な物質と速やかに反応する特性を持っています。組織や器官の糖化反応を急速に進行させるため、その生成や蓄積を防ぐことがアンチエイジングに繋がると考えられています。
 
皮膚AGEs沈着量,皮膚粘弾性皮膚に最も大きな影響を及ぼす糖化ストレスはAGEs蓄積です。
皮膚弾力性が低下する原因には紫外線暴露がありますが、その他にもコラーゲンのAGEs化が肌の張りを低下させることが分かっています。
AGEs沈着量の増加は皮膚弾力性を弱めシワ形成に関与するなど、皮膚老化を促進すると考えられています。

モデルケース:長期摂取による抗糖化効果確認試験


  • 1) 対象となる被験者例
  • 1. 20歳以上65歳未満の男性、閉経後女性
    2. スクリーニング時のHbA1cが5.4~6.5%の方
    3. スクリーニング時の空腹時血糖が110~199 mg/dLの方


  • 2) 対象外となる被験者例
  • 1. アンチエイジングの効能効果が標榜されている医薬品、サプリメントを常用している方
    2. アンチエイジング効果がある治療・施術等を受けている方
    3. 喫煙者
    4. 週4回以上もしくは1回に日本酒換算で2合以上の飲酒をする方
    5. 日常の平均睡眠時間が6時間以下の方
    6. 生活習慣病で治療中、服薬中の方
    7. 重篤な肝疾患、腎疾患(既往歴を含む)、心疾患などの疾患を有する方
    8. 被験部位に影響を与える美容医療の経験のある方

  • 3) 試験スケジュール例
  • スクリーニングで選択された20名(各群10名)が12週間、試験品(被験品または対照品)を摂取する

  • 4) 検査内容
  • 抗糖化試験内容





貴社製品に最適な試験計画を提案します。まずはお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先


株式会社ケイ・エス・オー 営業部

【電話】
Tel. 03-3452-7733   Fax. 03-3452-7833

【E-mail】

shiken@kso.co.jp E-mail
ヒト試験・ホームページの内容に関するご質問・お問い合わせはメールでお気軽に。