LOGO 株式会社ケイ・エス・オー

呼気を用いた吸収代謝機能試験

呼気を用いた吸収代謝機能試験


酢酸水素呼気試験
13C呼気試験法の原理>

13Cは炭素(12C)の安定同位体であり、人体内の安定同位元素の中でも最も多い(体重50kgの成人で約137g)ことが知られています。
13Cの自然存在率が約1.1%と少ないことから、 13C標識化合物を投与することにより胃からの排出、小腸からの吸収、肝における代謝という過程を経て呼気中に現れ、呼気中13CO2/12CO2比が増加することを利用した検査法です。
異なる13C標識化合物を用いることで、胃排出能、小腸粘膜からの吸収能、膵酵素による消化能、肝における代謝能などの
さまざまな生体機能を調べることが可能となります。


東邦大学医療センター 大森病院 総合診療・急病センター センター長 
瓜田 純久 教授のご指導で実施しております。


13C-酢酸水素呼気試験で期待される事項

胃排出能、小腸粘膜からの吸収能、 膵酵素による消化能を調べることが可能です。
下記のような食品の開発が期待されます。



  • 消化管運動を変化させる機能性食品
  • 消化吸収を低下させて、ダイエット効果を上げる食品
  • 消化吸収を促進させ、高齢者の胃もたれ解消等のQOLに貢献する食品
  • 消化管運動を変化させる芳香剤
  • 消化管ガスを発生させない食品


モデルケース:13C-酢酸水素呼気試験


  • 1) 対象となる被験者例
  • 20歳~39歳の男性

  • 2) 試験スケジュール例
  • スクリーニングで選択された20名(各群10名)が休止期をはさんだⅠ期・Ⅱ期(各1日)、クロスオーバー法で試験品(被験品および対照品)を摂取する

  • 3) 検査内容
  • 検査内容

◆主要評価項目◆

  • 13CおよびH2呼気ガス

◆副次的評価項目◆

  • 空腹感(VAS法)




13C-グルコース呼気試験で期待される事項

糖質の吸収代謝を採血せずに評価するため、炭水化物の消化吸収障害がある被験者での試験も可能です。
下記のような食品の開発が期待されます。



  • ブドウ糖の吸収代謝を変化させる機能性食品
  • 消化吸収を低下あるいは酸化亢進させて、ダイエット効果を上げる食品


モデルケース:13C-グルコース呼気試験


  • 1) 対象となる被験者例
  • 20歳~39歳の男性

  • 2) 試験スケジュール例
  • スクリーニングで選択された20名(各群10名)が休止期をはさんだI期・II期(各1日)、クロスオーバー法で試験品(被験品および対照品)を摂取する

  • 3) 検査内容
  • 検査内容

◆主要評価項目◆

  • 13CおよびH2呼気ガス




13C-エタノール呼気試験で期待される事項

呼気中13CO2排出が血中アルコール濃度とほぼ一致することを利用し、アルコール代謝を調べることが可能です。
下記のような食品の開発が期待されます。



  • アルコール吸収を抑制する機能性食品や、お茶・水等の飲料
  • アルコール排出を亢進させる機能性食品
  • ウコンなど、二日酔いに効くとされる健康食品


モデルケース:13C-エタノール呼気試験


  • 1) 対象となる被験者例
  • 20歳~39歳の男性

  • 2) 試験スケジュール例
  • スクリーニングで選択された20名(各群10名)が休止期をはさんだI期・II期(各1日)、クロスオーバー法で試験品(被験品および対照品)を摂取する

  • 3) 検査内容
  • 検査内容

◆主要評価項目◆

  • 13C呼気ガス





*ラットを利用した、呼気吸収代謝機能試験の検討も受託が可能です。

貴社製品に最適な試験計画を提案します。まずはお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先


株式会社ケイ・エス・オー 営業部

【電話】
Tel. 03-3452-7733   Fax. 03-3452-7833

【E-mail】

shiken@kso.co.jp E-mail
ヒト試験・ホームページの内容に関するご質問・お問い合わせはメールでお気軽に。